【フローラステークス2019】フローラSは1勝馬セラピアと休み明けフォークテイルが混戦を切り裂くか

4/20(日)の東京メインは
オークストライアルのフローラS(GⅡ)

大挙して1勝馬・2勝馬がオークスを目指して
集結しており、既に大混戦の予感がプンプン漂っている。

馬楽園はこの混戦を切り裂く2頭として

1戦1勝セラピア

休み明けながら素質を感じるフォークテイルを猛烈プッシュ!

今日のレース、おそらく荒れますぜ…。

セラピア(牝3歳) 1戦1勝

出典:keiba-news.tv

セラピアは3/30の阪神競馬の未勝利戦でデビュー。

「金髪不良三冠馬」オルフェーヴルの産駒とは
思えぬほどの落ち着きを見せ、道中は2番手で折り合い
直線では2着馬にあっさり2馬身差をつけて快勝。

軽く追われただけで、上がり最速の決め脚を記録しており
気性面を考えても距離の融通もかなり利きそう。

キャリア的なハンデはあるが、ここで一気の重賞制覇があってもおかしくない。

セラピアの血統

出典:netkeiba.com

素晴らしきはその血統背景にもある。

母ララアは、米GⅠハリウッドスターレットSの勝ち馬。

母の兄に米GⅠエディリードS、シューメイカーマイルSともに2着

Summer Frontがいるアメリカの名門血統。

またそのララアの父は…

おぉ!

Tapit(タピット)!

Tapitと言えば、馬楽園的最強プッシュ馬ラニの父である。

オルフェーヴル×Tapitって
おそろしく気性の悪い産駒のイメージしかないが
(※Tapitは、ほぼラニだけの印象であるが)
その秘めた狂気性が、レースでプラスに出ることを祈っている。

関連記事
“馬楽園的”名馬列伝 「超良血イケメン怪獣」ラニ

フォークテイル(牝3歳) 2戦1勝

出典:keibana.com

そして、セラピア以上に惑星になりそうな候補が

このフォークテイルだ!

まだ1勝馬ながら、その素質は十分。

東京での新馬戦を勝った後の若竹賞(500万下)

新馬戦と同じくスタートで後手を踏み
さらに直線で内が開かないといった膠着状態を
ゴール前、外から猛然と追い込んで2着。

この時の鞍上のマーフィー騎手も
センスを絶賛すると共に、その将来性を高く評価していた。

若竹賞はゴール前でようやくトップギアに入っており
脚質的にも小回りの中山より府中が合うのは明らか。

その非凡な決め手で、混戦を切り裂くかー。

フォークテイルの血統

出典:netkeiba.com

フォークテイルの半兄に
ステイヤーズS(GⅡ)3連覇超長距離砲

アルバート(父アドマイヤドン)

母系からは、福島記念勝ちのオーバーザウォール(父:ドクターデヴィアス)
重賞3勝で日本ダービー2着のインティライミ(父:スペシャルウィーク)が出ており
非常に活力のある母系と言える。

母系には、ダンスインザダーク・ノーザンテーストなど
成長力とスタミナを伝える馬名が並んでいる。

そして、父がロードカナロアに変わったことで
父系からは米国の素軽いスピードを受け継ぐ。

父系のスピード、母系のスタミナと非常に
バランスの取れた血統構成で競走馬としてだけではなく
繁殖牝馬としても重宝しそうなフォークテイル。

その素晴らしい血統に違わぬ勲章を重賞の舞台でゲットしたい!

まとめ

水・木曜日あたりの時点で、
逃げ馬のウィクトーリアが1番人気に推されているという情報があり

「ぐっへっへ、同じ逃げ馬のジョディ―がいるのに
府中で逃げ切れるわけがないだろう。
ここは1勝馬のセラピアで勝負して大穴ゲットだ」

とほくそ笑んでいたら、そのセラピアがかなり人気しているということでー。

しかし前売り段階でもかなり人気が割れており
ここは馬連・馬単でも的中すれば大きい配当になる。

セラピアーフォークテイルで惑星は決まり!