馬楽園的「勝手に武豊列伝」武豊騎手の平成思い出レースを勝手にランキング~その弐~!

前回に引き続いての
「勝手に武豊列伝」武豊騎手平成の思い出レース勝手にランキングだ!

何度も言うが
管理人のめちゃくちゃ個人的なランキングなので
その部分だけご了解いただき、ノンクレームでお願いします!

関連記事
馬楽園的「勝手に武豊列伝」武豊騎手の平成思い出レースを勝手にランキング~その壱~!

第5位  2017年 天皇賞・秋(キタサンブラック)

ここ最近で、
「武豊騎手の神騎乗」といえばおそらく
このレースを指す方が多いのではないだろうか。

キタサンブラックGⅠ7勝馬

通算獲得賞金、JRA史上最多。

歴代タイの天皇賞3勝など輝かしい戦績を誇る名馬だ。

そんなキタサンブラックのラストシーズンとなった2017年の秋。

天皇賞・春を制したものの
次走のグランプリ宝塚記念では、まさかの9着敗退。

惨敗後、休み明けぶっつけでGⅠ天皇賞秋

という非常に難しい状況。

かつ、

当日の府中競馬場に襲い掛かったのは台風22号

台風の影響でドロドロの不良馬場

そして、

先行得意なキタサンブラックがまさかの出遅れ…

騒然とする場内。

しかし、そんな過酷すぎる状況で唯一冷静だったのが
キタサンブラック鞍上の、武豊騎手なのである!!

JRAの公式ポスターがこれだ。

出典:JRA

そもそも
父:ブラックタイド
母父:サクラバクシンオー

という比較的な地味な血統もあり
デビュー戦では3番人気の低評価。

またダービーでは14着に惨敗しており
決して最初からエリートホースだったわけではない
キタサンブラック。

しかし、そこからコツコツと力をつけ
日本一の騎手と出会い、日本を代表する名馬に駆け上がる。

宝塚記念で9着惨敗という壁にまた阻まれながら
逆境を乗り越えての見事な勝利。

この勝利に感動したファン、
勇気づけられたファンがどれほどいたことだろう

紆余曲折を超えてたどり着いたチャンピオンホースという称号。

だからこそ、この

そして、みんなの愛馬になった

というキャッチフレーズが
サイコーにカッコいいのだ!

第4位  2013年 日本ダービー(キズナ)

その鮮やかすぎる勝ちっぷりに
府中の14万人が揺れた2013年の日本ダービー。

それまでは年間100勝超えは当たり前だった武豊騎手の成績が
2010年の落馬負傷以降、急降下―。

GⅠ勝利からも見放され
2011年⇒64勝、2012年⇒56勝という絶不調に陥っていた。

また台頭する若手騎手や、外国人騎手の活躍もあり
「ユタカももう終わったか・・・」
とさえ、囁かれていた。

そんな武豊騎手の前に現れた一頭。

それが、キズナ

「2011年の漢字」にも選ばれたスローガンである

“絆”

誰もが待っていた武豊騎手の復活ダービー勝利の愛馬は
ノースヒルズの勝負服の黒い馬体だった。

出典:yahooスポーツ

「個人的なことですが、ここ数年は成績が落ちて、

なかなかいい結果が出なくて苦しかった。

でも、自分も負けずに一生懸命やってきたから、

キズナという素晴らしい馬と巡り合えましたし、

ずっとダービーを目標にしてきて、

こうして答えが出せて本当に良かったですね」

「今回はどうしても勝ちたかった」

武豊騎手のレース後の談話より

あまりにも劇的な勝利は

武豊騎手の執念。

そして、それに応えたキズナの末脚は
父ディープインパクトを彷彿とさせる
一世一代の豪脚だった。

第3位  1997年 弥生賞(ランニングゲイル)

時は1997年。

当時の競馬会は

「猫も杓子もサンデーサイレンス」

と言われるぐらい、サンデーサイレンス産駒が各世代を席巻しており
他にもブライアンズタイム・トニービンという輸入種牡馬が
血統の勢力図を大きく塗り替えていた。

またバブルがはじけたとはいえ

当時はまだ数年前のジャパン・マネーが動いていた時代。

海外から「外国産馬」といわれる良血馬が入り込み
ターフを駆け抜けていた。

サンデーサイレンスかマル外

そんな時代だったのである。

…当時の私は中学の卒業式を終えた
もうすぐ高校1年生というべき春。

激しい受験戦争を勝ち抜いた先に待っていた高校生活が
3年間の暗黒生活の始まりになるとはつゆ知らず…。

私が入学することになった私立高校というのが
1学年27クラス「超」マンモス男子校

高等部+中等部合わせて

3500人全員男という

とんでもない環境が待ち構えていたのだ。

そんな暗黒の高校生活が始まることになどつゆ知らず
前回の記事に出てきた、悪友「ゆーすけ」と
暇を持て余してダビスタをやりまくる日々を続けていたのだ。

当時の私たちは

「サンデーサイレンス?マル外?

 全部クソだ!」

尾崎豊ばりの❝権力への反抗❞
なぜかゲームの世界で繰り広げており

「内国産種牡馬キヨヒダカの仔でGⅠ馬を生産する!」
という謎のミッションを来る日も来る日もこなしていたのだ。

そんな我々の前に現実世界で突如として現れたのが
ランニングゲイルだったのだ。

ランニングゲイルの父は80年代~90年代初頭に
「名脇役」として活躍したランニングフリー。

ハッキリ言って血統的には
おそろしく、地味!

種牡馬としても血統の地味さが嫌われてか
1年間の種付頭数が5~10頭と
いつ廃用になってもおかしくない状況が続いていた。

ところがそんな数少ない産駒の中から
一躍クラシックの主役を張るような孝行息子が出現したのだ!

そして鞍上は…

武豊騎手!!

このレースには、「世代最後の大物」と言われた
覚醒前サイレンススズカも出走していた。

そんな良血馬を尻目に、3コーナーからの
まくり戦法で2着に3馬身差をつけての快勝!
(※ちなみに2着に来たオースミサンデーも
ロジータの子どもということで、非常に好きだったのだが…)

関連記事
名牝ロジータ死す

ダビスタ96にラインナップもされていない
どマイナーな種牡馬からクラシックの主役が
現実の競馬で現れたこと

またそんなどマイナーな種牡馬の子どもに
トップジョッキー武豊騎手が乗るということに
私とゆーすけは大興奮!!

「サンデーサイレンス?マル外?

 今年はランニングフリーだ!」

と至る所で吹聴しまくったのである!

結局、皐月賞6着・ダービー5着(菊花賞はけがで出走せず)

その後はOP特別1勝が目立つ程度で
最終的には地方に転入していったランニングゲイル。

しかし当時でも化石と言われそうな地味な血統から
こんな素晴らしい馬が出たことに対しての
インパクトは強烈だった。