キタサンミカヅキと森泰斗騎手が藤田菜七子騎手を抑えて1着!北島三郎オーナーの執念とあの馬の残像を見た!

いや~
昨日の東京スプリント。

ゴール前は声が出ました~。

「差せ!菜七子!!」
(注:下ネタではありません)

しかし、結果は惜しくも2着。

勝ったのは老いて盛んな9歳馬
キタサンミカヅキ森泰斗騎手

逃げたヒロシゲゴールドをマークし
コパノキッキングの追撃を見事に交わして1着。

お見事(*゚∀゚*)!!

さすがは2018年のNAR年度代表馬。

しかし私はその裏側に
オーナーである北島三郎氏の執念と
あの馬の残像を見たっっ・・・!

キタサンミカヅキ(牡9歳) 56戦12勝

出典:netkeiba.com

キタサンミカヅキは元中央馬。

中央時代も、OPまで出世した活躍馬だったが成績が頭打ちになり
2017年に南関東・船橋に転入。

普通なら「都落ち」的なイメージでそのままズルズル…
というのがよくあるパターンなのだが
地方転入がよっぽど水に合ったのか
突如として覚醒!

2017年、2018年の中央地方交流競走の
東京盃(GⅡ)を2連覇したりと今ではすっかり
地方を代表するダートのスプリンターとして君臨している。

9歳馬が、交流重賞で1.11.6のタイムで勝つとは…。

しかし、鞍上の森泰斗騎手の手綱さばきもお見事!であった。

出典:netkeiba.com

キタサンミカヅキは
父はキングヘイロー
母はキタサンジュエリー
母父サクラバクシンオー
という血統。

母系にはキタサンの名前も連なっており
オーナーである北島三郎オーナーの
歴史を脈々とつなぐ母系であると言える。

北島三郎オーナーの執念を見た!

出典:スポニチ

レース後の北島三郎オーナーのインタビューより。

「菜七子ちゃんに勝ってもらいたいな」

とも思ったけど、

俺だって勝ちたかったからね。

…このメッセージは
めちゃくちゃ重たく、執念を感じる言葉ではないでしょうか。

有限会社大野商事としての馬主生活も約40年。

サブちゃんも80歳を超えているが、それでも
中央競馬・地方競馬で活躍する馬を多数所有。

今でも我々競馬ファンを楽しませてくれる
その姿勢に感銘を受けると同時に

「まだまだ、わしもやれる。若造には負けん」

というサブちゃんの執念が
9歳馬キタサンミカヅキを通じて
感じ取ることが出来るのだ!

北島三郎オーナー、まだまだ我々ファンを
楽しませてください。期待しております。

そしてキングヘイロー…

レース後の森泰斗騎手のインタビューより。

「道中は完璧でした。前を楽させないように、
後ろにも差されないように乗りました。
コパノキッキングが来るとは思っていましたが、
馬場が味方してくれました。
藤田菜七子騎手を負かして申し訳ない気持ちもありますが
勝負なので仕方ないですね。
9歳という年齢を感じさせない、頭が下がる馬です。
NAR年度代表馬の意地を見せられました。
父であるキングヘイローの後押しもあったと思いますし、
改めて、こういうときは走るものだと思いました。
競馬っていいなと思います。
これからも地方の年度代表馬に恥じない成績を残したいですね」

………

(´;ω;`)ブワッ

嗚呼、キングヘイロー。

私が愛した、世界を背負った超良血馬。

彼のことは後日必ず記事にしようではないか。

当時高校2年生だった私が熱狂した
キングヘイロー・スペシャルウィーク・セイウンスカイの3強。

その中で最も好きだったキングヘイロー。

逃げて惨敗し、福永騎手が真っ青になった日本ダービー。

高松宮記念で初GⅠを取った時に
泣いたのは坂口正大調教師だけではないはず!

そんなことを思い出した2019年の春。

負けはしたが、藤田菜七子騎手の勝ちに行った騎乗に拍手!

そして、惜しくも2着に敗れた
コパノキッキングと藤田菜七子騎手。

何よりも出遅れが痛かった!!

しかしフェブラリーSと違って
道中積極的に前に進出し、しかもラスト
上がり最速の末脚で追い込んだものの
今回は相手が悪かった!!
…ということだ。

まだまだこのコンビにも期待できるし
距離の壁はあるかもしれないが
1400mまでなら充分重賞でも好走は可能とみた!

頑張れ藤田菜七子騎手!
とコパノキッキング。

次走も期待しております!

馬券?外れたよ!!