11/11の注目馬【京都8R 京都ジャンプステークス】

…もう出走表を見るだけで

よだれ( ̄¬ ̄*)ジュル
が出てきそうなメンバーである。


の信念である
「時代に埋もれそうな血統にフォーカス」
しないといけない馬たちが
奇跡的にそろっている。

これは勝敗云々を超えて
楽しめそうなメンバー構成である。

テイエムオペラドン

…もう何も言わない。


が、威信をかけてプッシュする
テイエム軍団の意地の結晶

それがこのテイエムオペラドンである。

父は世紀末覇王
テイエムオペラオー

母はGⅠ3勝馬
テイエムオーシャン

血統とは血の浪漫であり
後世への大いなる挑戦である。

テイエム軍団の血の総決算。

母テイエムオーシャンが繁殖入りしてから
3年連続でオペラオーと交配し、
オペラドンはその3番仔。

テイエムオペラオーも20歳を超え
種牡馬生活もそう長くはないだろう。

現役時代、本当に
世紀末覇王 Ψ(`▽´)Ψ
の異名通りの強さを
知っているものからすると

何とか1頭、
血は残せなくとも
ファンの記憶に残るような
産駒の出現に期待したい。

あわよくば
オペラドンが
障害とはいえ大きなレースに
勝ってほしいものである。

スズカプレスト

母系には
メジロ軍団の血の結晶が…

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

…すいません。
取り乱しました。

母、メジロプレストが
98年の天皇賞・春の勝ち馬
メジロブライトの全妹である。

そうか。
メジロブライトの天皇賞・春で
杉本清アナウンサーが
「羊蹄山の麓に春っ!」
と叫んでから、もうすぐ20年か。

メジロ軍団はブライトだけではなく
メジロアサマ
メジロティターン
メジロマックイーンが
親子三代天皇賞制覇という
偉業を達成しただけではなく

メジロイーグル
メジロパーマー親子
(ついでにメジロライデンも)

メジロライアンなど
長距離に強い血統というのは
90年代の競馬ファンなら
誰でも知っている。

ここは
メジロ軍団の血の底力を
見せつける絶好の舞台である。

ユウキビバワンダー

出ました。

THE・そのまますぎる名前の母系

母の母が
95年のオークス2着馬
ユウキビバーチェ。

その娘が
ユウキビバ…

で、
ユウキビバとサクラメガワンダーの子供が
ユウキビバワンダー…って

そのままやがな(´;ω;`)

まぁ覚えやすくていいんだけど。

しかし母系だけではなく
父:サクラメガワンダー
種付け数が少ないのが影響してか

産駒の出走回数が少ない!

ここで何とか
乾坤一擲の大駆けに期待したい。
(※そこそこ人気しそうだが)

まとめ

いかがだっただろうか。

上述の3頭だけで
お腹がいっぱいである。

ご飯が何杯もいけそうな
そんな気がしている。

障害レースとはいえ
れっきとした重賞である。

血統を後世だけではなく
人々の記憶に残す。

そのためにも
頑張ってほしいものである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする