12/2(土)“馬楽園的”注目馬【中山8R イルミネーションジャンプステークス 2017 予想】

12/2(土) 中山8R イルミネーションジャンプステークス
( サラ3歳上障害オープン 障害芝3570m)

平地レースは、暮れの有馬記念が総決算。

一方障害競走は、暮れの伝統のレース
中山大障害が各馬にとっての最大目標。

今週土曜日の障害オープン競走
イルミネーションジャンプステークスは
暮れの大一番を虎視眈々と狙う
障害レースの次代の有力馬がせめぎあうーー。

実は障害レースは
“馬楽園的”注目馬の宝庫。

懐かしのあの血を引く子孫たちが
生き残りをかけて争う。

◎クランモンタナ(牡8歳) 49戦8勝

祖母は、世界の武豊
ムーランドロンシャン賞(仏G1)で
日本人騎手による海外G1競走初優勝
をもたらした
スキーパラダイス

また、母のエアトゥーレは阪神牝馬ステークス勝ち馬。

第1仔のアルティマトゥーレはセントウルS(GⅡ)勝ち馬。
第2仔のキャプテントゥーレは皐月賞(GⅠ)勝ち馬。
(※クランモンタナは第4仔)

また母系の一族からは
スキーキャプテン(朝日杯3歳S2着、ケンタッキーダービー出走)
スキーチーフ(プティクヴェール賞/仏G3)などがいる
日本だけではなく、世界に誇る優秀な母系。

そこにディープインパクトが配合されて…

あんたなんでここにいるの??

というような超良血馬である。
(いや、クランモンタナも平地重賞※小倉記念GⅢを勝ってるんだけどね。)

こういう血統背景を持つ馬が
障害レースの頂点を目指すのも面白い。

〇ミヤジタイガ(牡7) 48戦6勝

ミヤジタイガは2013年の弥生賞(GⅡ)2着

またその年のカシオペアS(OP)を勝利

平地の脚はメンバー随一である。

前走の京都ジャンプステークスでは
まさかの落馬、競走中止。

予後が心配されたが特に問題なかったよう。

飛越に問題があったわけでもなく
京都特有の三段跳びにタイミングが合わず
着地ミスが原因のようである。

引き続き状態は良さそうで
距離さえこなせれば上位。

▲マイネルプロンプト(セン5歳) 28戦6勝

母のコスモクラッペは1勝馬。

母の父、マイネルラヴはスプリンターズステークス勝ち馬。
※世界のマイル王、タイキシャトルの引退レースで空気を読まずに突き抜けた名馬(?)

祖母のビンゴハナコはマリーンS(OP 函館芝1200m)勝ち馬。

マイネルプロンプトは中央⇒園田⇒中央とトレードされ
平地では1000万下で頭打ちだったものの
障害入障後は6戦2勝で前走はOPレースで勝利。

メンバー随一の安定感で、ここをステップにし
暮れの大一番を目指す!!

まとめ

障害競走とは思えないような
超良血馬平地力を持った馬が揃った注目レース。

障害レースの最高峰
年末の中山大障害にも是非注目してほしい。

中山大障害を狙う馬は、果たして…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする