20世紀の名馬大投票「Dream Horses 2000」に今さら激しく物申す!平成の語り部としてこれから勝手に過去の名馬をつぶやくぞ【馬楽園的コラム】

(怒`・ω・´)ムキッ~ッ

…と怒っているわけではないのだが
2000年にJRAが公式に実施した
20世紀の名馬大投票というキャンペーンに
今回は、激しく噛みつくぞ!!

何をいまさら20年近く前のことに怒っているのか
そろそろヤキでも回ったか(`▽´)y-゜
と言われそうな気もするが

今年は平成から令和へ元号が変わる歴史的な年。

となればおそらく
平成の名馬大投票的なキャンペーンが
行われるのではないだろうか。
(注:もう既に行われていたらすいません)

別にこのサイトの中で、
伊達直通というしがない中年オヤジが
私的なランキングをホイホイ発表する分には構わんと思う

もし、そのランク付けをJRAが行ったら
それがオフィシャルなランク付けということになりますぜ。

2000年にJRAが行った「20世紀の名馬大投票」
通称「Dream Horses 2000」

蓋を開けてみると

「そこに愛はあるのかい?」

江口洋介あんちゃんが思わず口にしてしまうような
とんでもない結果が出ちゃったのである。

少し時間を遡ってみようではないか。

20世紀の名馬大投票「Dream Horses 2000」結果。

結果はこんな感じだ。

これを見て思うのは

最近(投票が実施された2000年頃)の馬
有利すぎぃ~!!

ということだ。

よく見てほしい。

94位マサラッキ

95位ニホンピロウイナーとある。

これは歴史に対する冒涜ではないか?
と当時大学生になったばかりの自分でも感じた。

いや、別にマサラッキは嫌いではないのよ。

しかし1999年にGⅠをひとつ(高松宮記念)勝っただけ馬が
80年代至宝の名短距離馬、ニホンピロウイナーより上だと???
(ニホンピロウイナーはマイルCS2連覇、安田記念勝ちと80年代の短距離路線確立に一役買った名馬)

いや、マサラッキも凄いのよ。
何といってもGⅠ馬だし、その時代の短距離戦線を賑わせた馬だし。

ただ、ニホンピロウイナーの上というのはちょっと…(←しつこい)

というようなツッコミどころが随所に見られる。

実際

97位 セントライト

99位 メイズイ

というような結果を、もし競馬の神様
故・大川慶次郎氏が見ていたら
烈火のごとく怒ったのではないだろうか。

このように結果がこれだけ偏った理由は

「若い層は積極的に投票して、

 オールドファンがあまり投票しなかった」

からに尽きると思う。

そりゃ当時の若い層は
15年以上前の馬、ニホンピロウイナーよりも
最近見てるマサラッキに投票するよね~。
てな感じである。

致し方ない部分ではあるが、極端な偏りが出ないよう
一工夫必要だったのではないだろうか。

だからオールドファンが語らねばなるまい(`・ω・´)キリッ

出典:https://xn--o9j0bk9l4k169rk1cxv4aci7a739c.com/post-11773

「さようなら マルゼンスキー

 語り継ごう おまえの強さを」

70年代を代表する名馬であり

「スーパーカー」と言われた伝説的名馬

マルゼンスキーの引退式で出た横断幕である。

↑↑↑これが大事じゃね??

記憶に残る馬たちは当然年代によって違う。

だがやはり時代が経つと、当時の名馬を
語り継ぐ機会というのはどうしても減る。

平成から令和に元号が変わるこのタイミングこそ
最近のファンが知らない平成初期の1990年代から
2000年代中盤までの名馬を語る機会は
必要なのではないだろうか。

だいたい、当時のJRAも何の意図があって
こんなランキングを作ったのだろうか。

こんな極端な偏りが出ないように

もっと投票形式に工夫をしろっ–[○・`Д´・○]–!!

だってニホンピロウイナーよりマサラッ(ry

(勝手に)オールドファン代表の語り部として

平成の歴史も31年で終わろうとしています。

平成の名馬たち、たくさんいましたよね。

昭和をまたいでやってきた
オグリキャップ・イナリワン・スーパークリーク
の元祖平成3強。

きっちりクラシックを分け合った
ビワハヤヒデ・ウイニングチケット。ナリタタイシンの
新平成三強。

ナリタブライアン、ディープインパクト・オルフェーヴル
という三冠馬も出れば

スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ、アーモンドアイ
という牝馬三冠馬も誕生しましたね。

そういえば、平成の競馬は海外で活躍する馬も多くいましたね。

海外の扉を開けてくれたのは
エルコンドルパサー、タイキシャトル、シーキングザパール
そういえばフジヤマケンザンもいたなぁ。

彼らの活躍が後のヴィクトワールピサの大偉業に
繋がったのでしょう。

どの年代の人たちも心に残る名馬がいると思います。

もっと自分の心に残る名馬の素晴らしさを伝えましょう。

競馬は我々ファンによって支えられています。

平成から令和へ。
時代が変わっても、新しい名馬の出現に期待し
いつまでも競馬を応援しましょう。

…ということで
誰にも頼まれていないが
最近のファンが知らない「平成の名馬列伝」
どんどんアップしていこうと思う!

( ゚д゚)ノ ヨロッ