12/2(土)“馬楽園的”注目穴馬、プレストウィック・カムフィー・グランアルマダ【中山11R ステイヤーズステークス】

12/2(土) 中山11R GⅡステイヤーズステークス
(サラ3歳上オープン 芝3600m)

今年のステイヤーズステークスは
10頭立てと少頭数で、戦前の予想では
同一重賞3連覇を目指すアルバート
重賞5勝の実力馬フェイムゲーム
一騎打ちムードが漂うが、
今回はその2強に割って入りそうな
「穴馬」を紹介する。

勢い、展開、距離適性などを考慮して
上位に浮上しそうな3頭をピックアップしてみた。

プレストウィック(牡6) 33戦6勝

出典:netkeiba.comより

主な勝ち鞍は、2走前の
丹頂ステークス(OP札幌芝2600m)。

昨年のステイヤーズSでも4着に好走し、
続くダイヤモンドSでも5着と上位に入った。

前走のアルゼンチン共和国杯では9着に敗れたが
さすがにメンバーが強かったか。

3000mを超える長距離戦では、
まずまず上位に入ってきており
今回も安定感を武器に2強崩しを狙う。

カムフィー(牡8) 44戦4勝

出典:netkeiba.comより

血統的に3600mが最も向きそうなのがこの馬。

ダンスインザダークは8戦5勝の菊花賞馬
種牡馬としても
ザッツザプレンティ(菊花賞)
スリーロールス  (菊花賞)
デルタブルース  (メルボルンカップ)
など、長距離レースで活躍する産駒を多数輩出。

ナイトクルーズ
97年の忘れな草賞(3歳OP芝2000m)を勝利。
当時の中・長距離牝馬戦線を賑わせた。

そんなスタミナ充分な両親から産まれた
カムフィーも、その血統に違わず
2年前のこのレースで2着、
ダイヤモンドSで3着と好走した実績がある。

ただ、現在8歳で近走は4戦連続で2ケタ着順。

3600mの長距離レースはぴったりだが
調子の上積みはどうか…?

グランアルマダ(牡5) 23戦5勝

出典:netkeiba.comより

展開的に浮上してきそうなのがこの馬。

前につけたときは非常にしぶとい脚を使う。
2走前の日本海S(新潟芝2200m)でも
スタートから先手を奪いしぶとく逃げ切り勝ち。

今回は少頭数で、単騎の逃げも可能そうなメンバー構成。
小細工せずにハナを主張すれば面白い存在。

まとめ

今回はおそらく2強ムードが強く
馬券的にも2頭は抜けた人気になるだろうが
こういうレースでは3着探しも面白い。

伝統の超長距離レース、
血統だけではなく展開の面でも
後押しが必要になるレースだが
果たして穴場の浮上はあるか…?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする